2017年2月28日火曜日

地域活動 「意見交換会」

第13回 「 夢 を 語 ろ う 」

~こんな七隈になったらいいな!~


 七隈校区では,七隈小学校・梅林中学校の児童・生徒,学校(教師・PTA),大学生及び地域の皆さんに参加していただき,今年も恒例の小・中学生を中心にした地域住民による意見交換会をワークショップ形式で開催しました。


 【今年のテーマ】は

 ”こんな七隈になったらいいな!

  あったらいいな! やったらいいな!”



1、日 時 2月25日(土) 10:00~12:00

2.会 場 七隈公民館 講堂

3.参加者 ・小学生(5年)12名  ・中学生6名

      ・大学生4名     ・先生、PTA23

      ・地域11名     (合計) 56名


【意見交換会はグループ別での話し合い】

参加者は,1班から9班に分かれて意見を出し合いました。

最初は自己紹介です。




中学生・小学生も活発に意見交換しています。

大人にはない,斬新な貴重な意見が出ました。




力のこもった真剣なグループ討議風景

先生や保護者や地域の人も立ち上がって意見をまとめています。





【グループ別 意見発表】

<ハッピーチーム>

雨天時でも使用できる運動施設

校区の歴史を歩いて見て回るコース


<ななくま良くし隊>の発表風景

さすが先生、よくまとめ、発表ぶりも素晴らしかった。



<小学生チーム>

校区で行うスポーツ大会に取り入れるような魅力ある提案がありました。





模造紙に張った各班の意見を参加者で閲覧(品評)会

感心した意見や素晴らしいアイデアに投票します。



<中学生チームの意見>

中学生のアルバイトについて、思いがけない意見が出ました。


小学校校長先生の講評

毎年素晴らしい意見交換会に感心され、今後ともぜひ続けてほしいとの感想を述べておられました。


中学校教頭先生の講評

意見交換会にみられる「対話力」は今後の学校教育にも必要との感想でした。


参加者の皆さんから寄せられた素晴らしい意見に

ファシリテーターの公民館主事もエキサイトしています。












0 件のコメント:

コメントを投稿