2016年6月29日水曜日

ジャズとワインの夕べ

  6回目を迎えた

    「七隈むすび座」と
     「ジャズとワインのゆうべ」


 
 男性と女性が,職場・学校・地域・家庭で,それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには,皆さん一人ひとりの取組が求められています。
 七隈校区では,「男女共同参画社会」の目的や基本理念について理解を深めようとの思いで、毎年,男女共同参画週間(6月23日~29日)の時期に「ジャズとワインのゆうべ」を開催してきて,今年で6回目を迎えました。
 今年の「ゆうべ」は「寸劇」・「手作り料理」・「9人の楽団によるジャズの生演奏」・「ワイン」ありと内容が豊富で,参加された皆様にも大変好評で,ご満足いただけたひと時だったと思います。


  1.日 時  6月25日(土) 17:30~

  2.主 催  校区男女共同参画協議会
     共 催  七隈公民館

  3.内 容  ・寸 劇 「七隈むすび座」
           ・講 話 「ワインを楽しむ料理」
           ・料 理 「校区食生活改善推進員協議会」
           ・ジャズ 「甲斐大作と豚骨楽団」

  4.参加者  65名



   七隈校区男女共同参画協議会
 
     石松江美会長の爽やかなあいさつ






  平成28年度

   「男女共同参画週間」キャッチフレーズ


 旧来の労働環境や意識を変え,女性も男性も多様な暮らしや働き方が可能な社会を作るため

   ” 意識をカイカク。
       男女でサンカク。
          社会をヘンカク。 ”





男女協委員による七隈むすび座のメッセージ劇

 「貴女と貴方のあの時,この瞬(とき)」のシーン




  「七隈むすび座」の皆さん




 「ワインを楽しむ料理」について講話

     校区人権尊重推進協議会 松尾会長




 ジャズバンド「甲斐大作と豚骨楽団」

   バンドリーダー・甲斐さんによる メンバー紹介





 本日のメイン
  「甲斐大作と豚骨楽団」の9人のメンバー






 ワインにあう「おつまみ」づくりにいそしむ

    「校区食生活改善推進員協議会」の皆さん

  前日からの奮闘,ありがとうございます。




 ジャズ演奏に聞きほれている間に料理も並びました。