2017年9月8日金曜日

高齢者教室「防犯・交通安全講座」

高齢者教室

第6講 防犯・交通安全講座


    日時   平成29年9月7日(木) 10:00~11:30
    場所   七隈公民館 講堂
    講師   早良警察署 防犯課 山田さん、交通課 各務さん、
          小坪さん
          市民局生活安全課、城南区役所
    内容   「ニセ電話詐欺」「高齢者の運転」「横断歩道」など
          鑑賞DVD 「きずな町 物語」  


 防犯課 山田さん 振り込め詐欺の事案紹介


 皆さん熱心に聴かれています。


 「ATMから還付金が戻ることは絶対ありません!」


 交通課 各務(かくむ)さんのお話し


「道路の横断は、必ず横断歩道を渡りましょう」



 「歩行者用が点滅の時は、無理をせず次の信号まで待ちましょう」


 真剣に聞き取ります。


 酔っぱらいの疑似体験ができる「ゴーグル」をつけてボールを摑もうとしています。


振り込め詐欺の電話がかかりご主人が対応。2回目の
電話を奥様が受けて難を逃れた事案を説明

「きずな町物語」・・・大変感動するシーンがあり、
教えられる内容でした。

「高齢者教室」2学期の始まりでした。みなさんお互いに「気」を送り合い、全員出席をめざし頑張りましょう。




アンビシャス広場

ジャンボシャボン玉作りを楽しみました。


七隈小学校の児童を対象に毎週木・土曜日に放課後の子どもの

居場所としてのアンビシャス広場でジャンボシャボン玉に挑戦

しました。

 実施日     平成29年9月2日  10:00~

 シャボン玉液  ネット上にある定番の組み合わせにプラス

         アルファで調合しました。  


 一人ひとりが自分の「輪」を作りました。


 今日は、少し風が強く液がなじむまで時間がかかります。


やっぱり子どもたちは 「シャボン玉」が大好きです。


次にチャンスがあれば人が入れる大きさに挑戦します。

アンビシャス広場の子どもたちに「あいさつ」「靴はきちんと靴入れに入れる」など広場の約束が浸透し、子どもたちが望ましい方向へ進んでいます。

2017年8月25日金曜日

地域活動ボランティア養成講座

第10回 「サマータイム2017」

サブタイトル “Happy summer  days”


開催日 平成29年8月19日(土)
主催  七隈公民館  公民館企画実行委員会「校区を愛する会」
共催  青少年育成協議会七隈つくしんぼ
目的  小学校児童及び中学校生徒と地域の人たちとの繋がりを通じて,
    人としてお互いの絆を強め、心の温もり,潤いを感じる「郷土
    愛」育むこととをめざす。
方針  七隈小学校及び梅林中学校の児童生徒が主役の夏祭りです。
    企画運営は中学生と小学生が主体となって行い,地域大人はサ
    ポートとして関わります。

    小学校,中学校の実行委員の中から,委員長副委員長を選出し
    イベント,販売,広報,会計に分かれ今年の内容を検討し決定し
    ました。

9時 スタッフ全員集合打合わせ


10時  七隈小東門付近にて開会式・梅中吹奏楽部


販売品の価格表提示



開会式から終了までの交通安全を受け持ちます。


 パンの販売所


 お茶,ジュース類の販売



今日の暑い日 「かき氷」は人気です。


2台のかき氷機がフル回転です。


梅林中美術部の生徒さんの手作り商品販売 


 定番「ヨーヨー釣り」たくさん用意しました!


 あらかじめ金券を購入します。


 駄菓子・くじ引き販売店


 たこ焼き・からあげ販売


 お化け屋敷入場受付
この日、300人近い入場者数になりました。

今年で10回目となった「サマータイム」,梅林中学校の生徒が中心にな
り七隈小児童大学生や地域とのふれあいを通じて,「七隈郷土愛」がさ
らに育むことを目指し、継続して次ぎの10年を目指します。




2017年7月18日火曜日

子どもの健全育成関連事業

「ななくまあそびのひろば」

油山川の生き物を調べよう


 干隈2丁目を流れる油山川は,地域の方のお世話のおかげ,水が清く,川の両岸は草も豊富で,魚や虫たちが命をはぐくみ,成長するにはとてもいい環境です。

魚が泳いでいる姿を見たり,網に追い込んで捕まえたりして,              子どもたちにとって自然と触れ合う絶好の機会となりました。


 1. 実施日  7月15日(土)  10:00~12:00

 2. 場 所   干隈2丁目 油山川

 3. 参加者  七隈小学校児童  27名  地域の皆さん  5名

 4. 指導者  小野 仁さん(環境カウンセラー)
         田村耕作さん・永松愛子さん    

   ボランティア   陣内和久さん・濱崎洋司さん 

 川に入る前に,小野先生からの注意を聴きます。


 川に入りました!


 網の中をのぞき込んだり,逃げた魚を追っかけたり・・・


 モクズガニを捕獲!


 水槽に入れ、スケッチの準備をします。


 スケッチしました!


 小野先生を囲んで,お話を聞きます。


 よく観察しています。


 今にも動き出しそう。


 じっとこっちを見ているよ。


吸盤があるのは,「トウヨシノボリ」だな。


           
モクズガニがいましたね。


子どもたちは先生の話をよく聞き,事故もなく,川に生息している生きものを調べることにより,素晴らしい自然観察が出来たと思います。     カワニナを発見,蛍が生息していることもわかりました。
この体験をもとに,少しでも自然環境保護の大切さに目を向けた子どもに育ってくれたらいいなと思いました。



2017年7月13日木曜日

七隈公民館主催事業

地元の人が地元を学ぶ

自分の暮らすまちを元気にする

七隈「地元学」講座


第4回目 地元学発表会
      福岡大学の学生と地域の方々との
      「私たちが生き暮らすこの地域について」地元案内人に話を
      聞き,調べたことをまとめ,発表しました。

日時  7月12日(水) 13:00~14:30
場所  七隈公民館 講堂
発表  第2回目の地元学フィールドワークに参加したそれぞれの
    グループ
講師  添田祥史准教授 ・ 森 千鶴子講師

 「土」グループの発表です。


 「薬局」グループの地域参加者 平尾さんの感想


 「文具店」グループの発表。


 「下宿」グループの発表


 「下宿」グループ ゲストティーチャー内田さん


 「西南杜の湖畔公園」グループ


 「OBからの発信」グループの発表 手前左 ゲストティーチャーの梶原氏


 「池」グループの発表。


 「池」グループ ゲストティーチャー 菅間氏の話


 「食とくらし」グループの発表


 「食とくらし」グループ ゲストティーチャー 池田さん


森 千鶴子先生  発表の後、これまでの感想をお話しいただきました。

中心は学生さんによる「見る,聞く,歩く」の七隈地元学フィールドワー
クのまとめ,本当に素晴らしい内容のまとめの発表会となりました。
学生さんとの取り組みを私たち地域全体で共有し,今後の活動につなげ
たいと思います。今回の地元学講座で学生さんの七隈に対する
「愛着感」少しでも深まれば幸いです。